遊星からの物体X ファーストコンタクトのネタバレあらすじや結末は?キャストまとめ。メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演

カルト的人気を誇る『遊星からの物体X』の前日譚が描かれた、

遊星からの物体X ファーストコンタクト

主演は『ダイ・ハード4.0』や『ファイナル・デッドコースター』の、

メアリー・エリザベス・ウィンステッドです。

ここでは『遊星からの物体X ファーストコンタクト』のあらすじや結末、

キャストについてのまとめをご紹介します。

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトの作品紹介

【公開日】

アメリカ:2011年10月14日

日本:2012年8月4日

【監督】

マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア

代表作:Red Rain(1996) ※オランダのショートフィルム

【原作】

ジョン・W・キャンベル 「影が行く」

【キャスト】

メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン、

ウルリク・トムセン、エリック・クリスチャン・オルセン、

クリストファー・ヒヴュ

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトのキャスト

画像引用:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007XY7M

 

ケイト・ロイド(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)

普段はアメリカに住む古生物学者。博士から南極での検体を依頼され、それを受ける。

 

サム・カーター(ジョエル・エドガートン)

ヘリの操縦士であるが、状況を柔軟に捉えエイリアン退治で活躍する。

 

サンダー・ハルヴァーソン博士(ウルリク・トムセン)

研究や自分の名誉の事しか考えていない身勝手な博士。

 

アダム・フィンチ(エリック・クリスチャン・オルセン)

博士の弟子で優しい人物。

 

ジョナス(クリストファー・ヒヴュ)

長い髭が特徴のノルウェー観測隊の1人。

 

デレク・ジェイムソン(アドウェール・アキノエ=アグバエ)

ヘリの操縦士。カーターの相棒。

 

エドヴァルド・ウォルナー(トロンド・エスペン・サイム)

ノルウェー観測隊のリーダー的存在であり、博士の友人。

 

ジュリエット(キム・バッブス)

ノルウェー観測隊の女性地質学者。早い段階で、エイリアンに取り込まれてしまう。

 

ラーシュ(ヨルゲン・ラングヘラ)

心優しい人物。実は最後まで生き残った人物でもある。

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトのあらすじ

1982年の冬、南極大陸ではノルウェー観測隊員3名が、

雪上車に乗って地質調査をしていた。

後部座席で観測を担当しているオラフが、

妙な信号に気付いた為車は止まったが、

次の瞬間下の氷が割れ車ごと落下する。

 

一方古生物学者のケイトは、

アダムからサンダー・ハルヴァーソン博士を紹介される。

博士が彼女を訪ねて来たのは、

南極で発見された生き物を検体して欲しいからであった。

詳しい事は説明されなかったが、

アダムは博士があんなに興奮したのを見たのは初めてだと言う。

 

ケイト、アダム、ハルヴァーソン博士はヘリに乗って南極へ向かった。

ヘリコプターの操縦士はデレク

それから副操縦士のカーターと出会う。

南極に到着すると、ノルウェーの観測隊の人々が彼らを迎え入れた。

 

画像引用:http://wind.ap.teacup.com/genesis-ot/2097.html

 

ケイトらは問題の場所へ案内される。

そこには博士の友人であるエドバルドらが待っていた。

エドバルドは地質学者の、ジュリエットカールを紹介する。

 

エドバルドの後に付いて行くと、

そこには10万年前からあったであろうと思われる

美しい巨大宇宙船の様なものがあった。

更に地上の氷の中には未知なる生物が埋もれており、

ケイトらはそれを氷ごと取り出した。

 

画像引用:http://wind.ap.teacup.com/genesis-ot/2097.html

 

観測隊の基地内に運ばれた2×4×1mの氷の中には、

謎の生命体が閉じ込められている。

博士は、この生命体の組織サンプルを採取すると言い出した。

ケイトはこの意見に反対する。

しかし博士はケイトと2人きりの場所で、

二度と自分に逆らうなと圧力をかけた。

結局小径ドリルで氷に穴を空け、サンプルを採取する事になった。

 

夜になり皆は娯楽室でお酒を飲んでいた。

そこへ博士が現れ、先程の生命体のサンプルを調べた結果、

細胞構造は地球上のものではないと断言した。

エイリアンを発見したのだと喜ぶ一同。

 

しかしデレクがトイレに行ったついでに氷の中の謎の生き物をじっと眺めていたら、

突如氷が割れ噴水のように溢れ出しエイリアンが飛び出した。

 

デレクは慌てて娯楽室の皆にそれを伝える。

皆で現場へ行くと氷の中の未知の生物はいなくなっていた

唖然とする一同。

そこで2、3人ずつのチームになって、エイリアンを探す事にした。

しかしラーシュの犬は殺されており、

更に謎の物体を発見したヘンリクが1人目の被害者となった。

ヘンリクは、エイリアンに丸呑みにされたのだった。

ショックを隠し切れないノルウェーチームの人々。

 

博士がエイリアンの死体を調べると黒くてごつごつしたエイリアンは、

ヘンリクを丸呑みして内包した形になっていた。

その中からはチタンプレートも出てきた。

仲間はヘンリクが昨年骨を折ったからだと言う。

ケイトは腕の中の物が、

なぜ外に出てきているのかと疑問を持つ。

更にケイトはヘンリクの細胞を顕微鏡で見て、

エイリアンの細胞がヘンリクの細胞を取り込んでいる事を発見した。

 

翌朝カーターはここを発つと言った。

オラフは昨夜の騒動を目の当たりにして、

情緒が不安定になっていた。

そうしてオラフ達を乗せたヘリが飛び立ったが、

バスルームに歯の詰め物だけが落ちているのを発見したケイトは、

屋外へ飛び出しヘリに止まれのサインを出す。

それを見た操縦士のカーターは引き返した。

その時ヘリ内でオラフを励ましていたグリッグスが、

突然エイリアンに変貌する。

その後ヘリはグラグラと揺れて墜落した。

 

事態がどんどん悪化している事から、

エドバルドは外部の救助を要請すると言うが、

博士は発見が台無しになると反対する。

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトのラスト結末

ケイトの研究から、謎の生命体は人になりすます事が出来ると分かった。

またコリンが怪しいとケイトに垂れこんでいたジュリエットが、

いきなりエイリアン化した。

 

画像引用:http://blog.livedoor.jp/thx_2005/archives/51910848.html

 

この惨事を筆頭に、カールも次の犠牲者となる。

そこで偽者探しが始まった。

この中の誰かが謎のエイリアン、即ち物体Xかも知れないのだ。

繁殖を防ぐ為、エイリアンはガソリンをかけて燃やされた。

 

更にヘリの墜落から生き延びた、

カーターとデレクとも合流する。

しかしカーターやデレクが、

エイリアンの化身ではないという保証もない。

そこで皆は彼らを隔離する事にした。

 

そんな中血液のテストをする筈だった研究室が燃やされる。

そこでケイトは歯の詰め物を手掛かりに、

怪しい人物そうでない人物を振り分け始めた。

アダム、博士、エドバルド、コリンが怪しい人物となった。

そんな中監禁していたカーターとデレクを連れ戻しに行った際に、ラーシュが消えた。

 

カーターとデレクと鉢合わせになった一同は、

互いに疑い銃を向け合い、結果ペデルが射殺され命を落とした。

 

画像引用:https://blogs.yahoo.co.jp/h_jack2004/53706636.html

 

その後実は偽物だったエドバルドの腕が千切れ怪物化した事により、

ジョナス、アダム、デレク、博士も犠牲者となる。

 

生き残ったケイトとカーターは、

次々に現れる謎の物体と、斧や火炎放射器で戦った。

 

画像引用:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007XY7M

 

更に2人合体した不気味なエイリアンが、

カーターを襲うがケイトがそれを助ける。

2人は更に車で宇宙船に逃げ込んだ、偽者の博士を追い始末した。

 

残された2人は80km先のロシアの基地に向かう為、

ヘリに乗り込もうとする。

しかしカーターが着けていたピアスの会話から、

彼も偽物であると気付いたケイトは火炎放射器を向け彼を殺した。

 

夜が明けるとノルウェーのヘリが基地にやってきた。

ヘリから降りた人物は、大惨事を見て唖然とする。

そこへ隠れていたラーシュが現れる。

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトの感想、評価、考察

画像引用:http://pwplog.blog.fc2.com/blog-entry-421.html?sp

本作品ではジョン・カーペンター監督作、

1982年のSFホラー作品『遊星からの物体X』の前日譚が描かれています。

監督はマティス・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア。

原作はジョン・W・キャンベルの『影が行く』です。

 

本作の魅力は、

遊星からの物体Xに対して多大なる敬意が払われていて、

作品愛に溢れている所。

様々なシーンが翌日からの遊星からの物体Xと上手く繋がり、

話の辻褄が合う様にしてあるのが素晴らしいです。

 

画像引用:https://blogs.yahoo.co.jp/h_jack2004/53706636.html

 

特にラストシーンでラーシュが現れる下りでは、

この人物が遊星からの物体Xの冒頭シーンに現れる人物なのだ!

と分かる仕組みになっています。

またラーシュだけが英語を話せないという伏線も、

ちゃんと回収されています。

 

更に本作品は、遊星からの物体Xでは語られなかった不可解なシーンの、

説明的役割を果たしているとも言えます。

直方体にカットされた氷や、

ドアに刺さった斧など見覚えのあるシーンが盛り沢山。

よってこの作品は前作へのオマージュに徹した作品だと言って良いでしょう。

 

また誰が偽者なのか分からない人狼ゲームの様なスリルと、

次々に襲ってくるショッキングなホラー描写

前作同様大変楽しめるものとなっています。

 

遊星からの物体X ファーストコンタクトの動画を見る方法!

遊星からの物体X ファーストコンタクトの動画は、U-NEXTで見ることができます。

 

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTは、
月額1,990円(税抜)で、
スマホやパソコンで動画が見れる、
現在話題のオンデマンドサービス。  
 
動画を見るにはサイトにアクセスするだけなので、
通勤途中や、外出先でもスマホで動画を見ることもできますし、
家に帰ってパソコンでゆっくり見ることもできて、
とても便利です。
 
 
 
U-NEXTでは、
120,000本以上もの動画を配信しており、
見放題作品は、
80,000本以上!!  
 
ラインナップも豪華で、

海外ドラマ、国内ドラマ、映画からアニメ、ディズニーまで、揃っています。

※成人向けのアダルトコンテンツも見れます。(5,000本以上が見放題)
 
 
更に、 U-NEXTでは、
1つの契約で、
最大3つの子アカウントを追加できるので、家族で動画を楽しむことも可能です。


家族で使用すれば、
一人あたり500円で動画が見放題できるということになります。

 
アカウントごとに、
R指定作品の表示や非表示の設定ができるので
お子様にも安心です。
 
 
動画を見る方法としては、
テレビ、スマホ、ゲーム機、パソコンで見れます。
親アカウントと子アカウントを使って、
複数のデバイスでの同時視聴も可能です!  
 
更に、
毎月1200ポイントが付与されるので、
このポイントで雑誌、マンガまで読むことができます!
 
 
ここだけの話、
U-NEXTは現在、
初回31日間無料のトライアル期間キャンペーンを行っています。

ポイントも600ポイントプレゼントしています。
レンタル作品はポイントが必要になるのですが、
この600ポイントを使ってみることができます。
見放題作品も豊富なので、
31日間、目一杯楽しむことができますよ!
 
 
以前はレンタルショップに良く通っていたのですが、
忙しくて返却を忘れて延滞料金を取られることもよくありました(泣)
見たいのにすでに借りられていて在庫がなく、
何度も店に通うのも面倒でした。

 
U-NEXTなら 返却の必要もなく、1,990円(月額)程度で
12万本以上が見放題!


毎月20作品ほどレンタルしていた私にとっては
とてもお得なプランです。
 
まだ、試したことがない方はぜひ試してみてくださいね!
 
U-NEXTの無料トライアルを試してみる!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください