遊星からの物体Xのあらすじや結末は?キャストまとめ。カート・ラッセル主演

遊星からの物体Xは1982年のアメリカのSFホラー映画です。

『ハロウィン』などで知られる巨匠、

ジョン・カーペンター監督の作品の中でもとりわけ人気度の高い本作の魅力を、

一言で語りつくす事は出来ません。

ここではカート・ラッセル主『遊星からの物体X』のあらすじや結末、

キャストについてまとめてみました。

 

遊星からの物体Xの作品紹介

【公開日】

アメリカ:1982年6月25日

日本:1982年11月13日

【監督】

ジョン・カーペンター

代表作:ダーク・スター(1974)、ハロウィン(1978)、エスケープ・フロム・L.A.(1996)

【原作】

ジョン・W・キャンベル「影が行く」

【キャスト】

カート・ラッセル、キース・デイヴィッド、

A・ウィルフォード・ブリムリー、リチャード・ダイサート、

ドナルド・モファット、リチャード・メイサー他

 

遊星からの物体Xのキャスト

画像引用:http://jfmovie.jugem.jp/?eid=165

R・J・マクレディ(カート・ラッセル)

ヘリの操縦士であるが途中でギャリーが隊長を降りた為、リーダー的存在となる。

 

チャイルズ(キース・デイヴィッド)

機械技師。マクレディと共に最後まで生き延びる。

 

ブレア(A・ウィルフォード・ブリムリー)

生物学者であるが故、事の深刻さがよく分かり一時狂乱状態となる。

 

ノールス(T・K・カーター)

料理係の若い青年。

 

ドクター・コッパー(リチャード・ダイサート)

医師。心肺マッサージ中に、悲惨な死を遂げる。

 

ギャリー(ドナルド・モファット)

観測隊の隊長。元大佐である。

 

フュークス(ジョエル・ポリス)

生物学の助手。

ブレアの様子がおかしい事を気にかけている。

 

クラーク(リチャード・メイサー)

犬の飼育係。

偽者ではなかったが、マクレディを殺そうとした為射殺される。

 

ベニングス(ピーター・マローニー)

気象学者。メンバーの中で最初にエイリアン化する人物。

 

ウィンドウズ(トーマス・ウェイツ)

無線通信技師。

一時期、誰もが信じられなくなり銃を構える。

 

パーマー(デイヴィッド・クレノン)

血液テストで反応が出てしまう。

 

ノリス(チャールズ・ハラハン)

地球物理学者。

おとなしい人物であるが、実は知らない間にエイリアン化していた。

 

遊星からの物体Xのあらすじ

1982年冬。アメリカ合衆国南極観測隊第4基地

マクレディはコンピューターを相手に、チェスをしていた。

 

そこへ1匹のハスキー犬を追ったヘリが現れる。

アメリカの観測隊員らはそれ見て、

ノルウェー観測隊のヘリだと言った。

しかし乗員が狂った様にヘリから犬に手榴弾を投げる姿は、尋常ではない。

 

降りてきた男は通じない言語で、皆に何かを必死に訴える。

しかしアメリカ隊員の方に紛れ込んだ犬を銃で狙い、

誤って隊員の足を負傷させてしまった為、

屋内からそれを見ていたギャリーによって射殺される。

紛れ込んできた犬を、犬飼育係のクラークがなだめる。

 

画像引用:https://bemusedandnonplussed.wordpress.com/2013/06/26/celebrating-the-thing-1982-pt-1-of-3/

 

外部とは交信が途絶えており、

2週間も連絡が取れない。

ノルウェー観測隊の基地で

何かがあったのかも知れないと考えた一同は、

現場まで行って調査する事にした。

マクレディの操縦で、ドクター・コッパー、他1名が乗り込み飛び立つ。

 

3人はノルウェー観測隊の基地に到着したが、

そこは酷い荒れ地になっていた。

ドアには斧が突き刺さっており、

観測隊員と思われる人物は全て死んでいた。

レポートと思われる用紙が何枚も落ちておりドクター・コッパーは、

それを持ち帰る為に拾った。

 

更にマクレディは中が空洞になった、

大きな直方体の氷を発見する。

 

画像引用:https://www.cinematoday.jp/movie/T0009391/photo/005

 

また外に出てみると謎の生物と思われる、

何かが凍っているのを見付けたのでそれを持ち帰った。

マクレディらのヘリが無事戻ってくると、

紛れ込んだ犬がそれを屋内からじっと眺めていた。

持ち帰ったグロテスクな物体を、主任生物学者のブレアが調べる。

 

夜になると娯楽室に

ノルウェー観測隊に追われてきた犬が紛れ込んできた為、

クラークが他の犬と同じ檻の中へ入れた。

しかし他の犬達は尋常ではない程吠え始め、

遂に先程まで犬の姿をしていた物が、正体を顕にし始めた。

犬達が騒がしいので様子を見にやってきたクラークが檻を空けると、

2匹の犬が逃げ出す様に飛び出した。

 

騒ぎを嗅ぎ付けたマクレディはすぐさま警報器を鳴らし皆を集め、

クラークの元へ駆け着けた。

そこには犬と同化したエイリアンが不気味な姿で、

おたけびを上げていた。

マクレディはそれを銃で撃ち、

その後チャイルズ火炎放射器で燃やした。

一同は予想外の出来事に沈黙する。

 

ブレアの解剖により、

この不気味な何かは他の生き物そっくりに

擬態する事が出来ると分かった。

犬を襲った為犬の姿に成れるのだ。

 

ノルウェー観測隊の残したビデオテープを見たマクレディは、

再びノルウェー観測隊のいた場所へ出かける。

雪の中には巨大な穴が空いており、

古い宇宙船の様なものがあった。

 

画像引用:http://jfmovie.jugem.jp/?eid=165

 

ブレアはコンピューターのシミュレーションで調べた情報から、

事の深刻さを知り謎の生き物を隔離する事にした。

その際作業を手伝っていたベニングスが、

ウィンドウズの留守中に襲われる。

その頃、生物学の助手であるフュークスは、

ブレアの様子がおかしいと皆に内緒でマクレディに伝えた。

 

ベニングスになりすました怪物は外に出て逃げていくが、

皆に取り囲まれた時一部エイリアンに変貌した。

マクレディはその生き物を焼き払った。

 

その後ブレアが発狂し犬を殺したり、

雪上車やヘリや無線機を斧で叩き壊したりし始めた。

2万7000時間で全人類が同化される可能性を恐れた彼は、

謎の物体が外部に侵食するのを防ごうとしたのだ。

皆は彼を離れの道具小屋に隔離する。

 

遊星からの物体Xのラスト結末

マクレディはこの中の誰が偽者かも分からないと言い、

そこで血清テストを行う事にした。

フュークスは実験室でテストの準備をしていたが、

不気味な気配を感じ外へ出てしまう。

待機していたマクレディらはフュークスの準備が遅い事から、

様子を見に行った所彼は既に焼き払われており、

雪の上にメガネと焼死体があった。

 

更にマクレディは、消した筈の自分の部屋の明かりが点いている事を発見。

そこで確認しに行くから先に戻っていてくれと仲間に言う。

しかし彼の戻りが遅い事や、

衣類が外に投げ捨ててあった事で今度はマクレディが疑われる様になった。

 

戻って来た彼と皆が内輪揉めをしている内に、

ノリスの心臓が停止する。

そこでドクターがノリスに心肺蘇生法を行っていると、

ノリスの胸部がパカッと空きドクターの腕は歯の様なもので食い千切られた。

ノリスは偽物だったのだ。

 

画像引用:http://jfmovie.jugem.jp/?eid=165

 

この一連の騒動でドクター以外にも、クラークが命を落とす。

各々の血液を採取し熱を加え反応を見ていた所、

パーマーの血液に反応があり突如クリーチャーと化した。

それを見て震えていたパーマーも、化け物の姿に変貌する。

化け物はウィンドウズに襲い掛かり、彼も命を落とす。

 

画像引用:https://bemusedandnonplussed.wordpress.com/2013/06/26/celebrating-the-thing-1982-pt-1-of-3/

 

テストの為縄で縛られたままの、

チャイルズノールスギャリーも騒ぎ立てたがこの3人に反応は出なかった。

これで生き残ったのはマクレディ、チャイルズら5人となった。

 

その後ブレアを調べる為に、

マクレディ、ノールス、ギャリーの3人は道具小屋へ行く。

しかし小屋には誰もおらず、

地下にはブレアが逃亡用に作りかけていたと思われるUFOがあった。

 

またノールスは、チャイルズが1人でどこかへ出かけていくのを目撃する。

そして発電機が何者かにやられたせいで、

停電で辺りが真っ暗になった。

電気が使えないとなるとあと6時間もすれば極寒の世界になるが、

自分らは死んでも謎の生き物達は生き延びるだろうと考えた隊員らは、

周囲を温める事にした。

 

彼らはまず道具小屋を爆破し、

基地内にもダイナマイトを投げて爆発させた。

 

その後3人は手分けをして、発電室も燃やす事にした。

がしかしそこへ偽ブレアが現れギャリーを襲う。

その後ノールスを見失ったマクレディの足元から、

巨大なエイリアンが現れる。

マクレディは遠く離れた位置から、

ダイナマイトを投げ爆破させ生き物を倒した。

 

結局生き残ったのは、

マクレディとチャイルズのみとなった。

2人は炎に包まれた基地の中で、酒を飲む。

 

遊星からの物体Xの感想、評価、考察

画像引用:https://omsi.edu/calendar/the-thing-1982

 

遊星からの物体Xは、

1951年のアメリカ映画『遊星よりの物体X』のリメイク作品です。

特殊メイクを担当したのは、

『トータル・リコール(1990)』などのメイクで有名なロブ・ボッティン

不気味なクリーチャーのデザインは、

35年以上経った今観ても全く見劣りしない程の出来栄えです。

 

公開当時はETブレードランナーなどと同じ公開年であった事情もあり、

一般的には左程注目を浴びませんでしたが、

長い年月が経つに連れカルト的な人気を誇る様になりました。

 

また本作品の魅力は視覚効果のみに留まらず、

閉鎖的空間でのサスペンス劇としても楽しめる所です。

南極大陸という外部と連絡が取れない閉ざされた空間での密室劇。

 

画像引用:http://www.savethecat.com/beat-sheets/the-thing-beat-sheet

 

仲間割れをする観測隊員達、

極限状態まで追いやられた人々の

パラノイア的な心理描写がありありと描かれています。

 

またこの作品は後の映画作品にも、多大なる影響を与えました。

例えばタランティーノ監督の『ヘイトフルエイト』などもその中の1つです。

山小屋の中で自分以外の誰も信用出来ず、

嘘つき探しをするストーリー構成は、本作品と酷似しています。

またキャストにカート・ラッセルが出演し、

エンニオ・モリコーネの音楽が使用されているというのも共通した部分です。

特に雪の中ロープを伝ってトイレに行くシーンは、

本作品での道具小屋に行くシーンへのオマージュシーンと言えるでしょう。

 

また本作品は、デジタルリマスター版が36年ぶりに上映されます

(2018年10月19日より東京・丸の内ピカデリーほか全国で上映)。

またこの物語の前日譚が描かれた、

2011年の『星からの物体X ファーストコンタクト』も、

併せて鑑賞するとよりこの作品が楽しめる事でしょう。

 

遊星からの物体Xの動画を無料で見る方法!

遊星からの物体Xの動画は、U-NEXTで見ることができます!

遊星からの物体Xファーストコンタクトもあるので、両方見ることができますよ^^

 

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTは、
月額1,990円(税抜)で、
スマホやパソコンで動画が見れる、
現在話題のオンデマンドサービス。  
 
動画を見るにはサイトにアクセスするだけなので、
通勤途中や、外出先でもスマホで動画を見ることもできますし、
家に帰ってパソコンでゆっくり見ることもできて、
とても便利です。
 
 
 
U-NEXTでは、
120,000本以上もの動画を配信しており、
見放題作品は、
80,000本以上!!  
 
ラインナップも豪華で、

海外ドラマ、国内ドラマ、映画からアニメ、ディズニーまで、揃っています。

※成人向けのアダルトコンテンツも見れます。(5,000本以上が見放題)
 
 
更に、 U-NEXTでは、
1つの契約で、
最大3つの子アカウントを追加できるので、家族で動画を楽しむことも可能です。


家族で使用すれば、
一人あたり500円で動画が見放題できるということになります。

 
アカウントごとに、
R指定作品の表示や非表示の設定ができるので
お子様にも安心です。
 
 
動画を見る方法としては、
テレビ、スマホ、ゲーム機、パソコンで見れます。
親アカウントと子アカウントを使って、
複数のデバイスでの同時視聴も可能です!  
 
更に、
毎月1200ポイントが付与されるので、
このポイントで雑誌、マンガまで読むことができます!
 
 
ここだけの話、
U-NEXTは現在、
初回31日間無料のトライアル期間キャンペーンを行っています。

ポイントも600ポイントプレゼントしています。
レンタル作品はポイントが必要になるのですが、
この600ポイントを使ってみることができます。
見放題作品も豊富なので、
31日間、目一杯楽しむことができますよ!
 
 
以前はレンタルショップに良く通っていたのですが、
忙しくて返却を忘れて延滞料金を取られることもよくありました(泣)
見たいのにすでに借りられていて在庫がなく、
何度も店に通うのも面倒でした。

 
U-NEXTなら 返却の必要もなく、1,990円(月額)程度で
12万本以上が見放題!


毎月20作品ほどレンタルしていた私にとっては
とてもお得なプランです。
 
まだ、試したことがない方はぜひ試してみてくださいね!
 
U-NEXTの無料トライアルを試してみる!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください