ペネロピの映画の感想!動画の吹き替えは?

クリスティーナ・リッチ主演の「ペネロピ!」。

豚の鼻と耳を持って生まれた少女、ペネロピの運命を描いた作品です!

 

ペネロピの感想!

 

 20代、女
とある名家に生まれたペネロピ。彼女の先祖を恨んだ魔女によって呪いをかけられてしまい、豚の鼻を持って生まれてきてしまったのです。生後間もなく死んだことになっていて、外に出たことはほとんどない。ペネロピを演じるのは「アダムス ファミリー」で有名となったクリスティーナ・リッチー。相手を演じるのはジェームズ・マカヴォイ。私はこの映画がとにかく大好きで、10回以上は観ています。俳優さんたちも結構豪華キャストです。豚の鼻があるが故、愛してもらえないペネロピ。中身はとっても芯があって、聡明で、人一倍優しい女性。何度も何度も男性たちに逃げられて、母親に八つ当たりしてしまうシーンも。ひょんなことから部屋に残っていたマックスことジェームズと心通わすようになり、外の世界に興味を持ち始めたペネロピ。でもマジックミラー越しに自分の鼻が見えて、ふと我ん変えったその時の表情が、なんとも切ない。マックスの言葉に突き動かされたペネロピは、ついに家から逃げ出してしまうのです。よくやった、ペネロピ!と思いました。母親は優しい人だけど、娘の顔を受け入れていない張本人なのでね。ブサイクでも受け入れてあげたらもっと違ったんじゃって思いました。それからというもの新しいことがたくさんある外の世界に出た彼女はたくましく果敢に挑戦していく姿には、天晴れでした。過保護すぎだったのかも。結局見つかってしまい、家に帰ったペネロピだけどマックスの存在が気になって仕方ない。マックスも同様に。この二人の掛け合いがたまらなく好きです。意志とは違う結婚の誓いを迫られたときに、ペネロピが下した大きな決断によって、なんとあの鼻の呪いがとけた。その後マックスに会いに行った時のペネロピが、すっごく可愛かったです。あんな甘酸っぱい恋いいなぁってニヤニヤしながらみてました。この映画は私を幸せな気分にさせてくれるまるでビタミンのような映画です。

 

 

ペネロピの動画の吹き替えは?

各動画配信サイトを調べましたが、ありませんでした。(hulu、u-next)など。

DVDで借りるしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください