ララランドはクソつまらない?賛否両論分かれる意見

ララランドはクソつまらない、いう声もあるようです。

両方の意見をご紹介しています。

 

 

良い意見

<40代、女性>

ミュージカルが、好きなのと話題になっていたので観ました。

物語は、一人の少女が、スターになってくものなのですが、ラストは、ピアニストのセブが、かわいそうでした。

この映画は、主人公達を好きになれるかどうかで評価も分かれると思います。

主人公達が、自分勝手にみえてしまう所もあるので応援しづらい所もあります。

しかし、勝負の世界で戦う二人だからそんな感じなのかもしれないのかなどかなり葛藤しながら観ていました。歌や踊りでは、ハイウエイでのミュージカルシーンが、迫力もあり良かったです。

ウエストサイドストーリーを思い出すような面白さもありここでのシーンは、オススメです。

主人公のミアは、かわいらしいです。スターを目指しているだけあってとてもきれいな女優さんですね。

ピアニストのセブは、渋い感じです。二人が、恋をして歌ったり踊るシーンは、素敵です。

アメリカらしいミュージカル映画だなと思いました。

この映画は、ミュージカル映画としては、いろんな色彩のある映画だと思います。そして、ひとつひとつのシーンをこだわっているのも伝わりました。

アメリカの楽しさも伝わるしショービジネスを目指す者たちの苦労も分かる映画だと思います。

 

 

微妙、という意見

<40代、女性>

もともとミュージカルが大好きなので映画館で見たかったのですが見れなかったので、レンタルで見ました。

振付師のマンディ・ムーアも好きなので、もう少しダイナミックなダンスシーンを期待していましたがオープニング以外は特にこれといった見ごたえのあるダンスシーンはなかったので残念でした。

主演の二人が初めてちょっとだけ心を通わせる場面のタップダンスも、もっとワクワクしたかったですが、つたない印象で、終わった時は「え?これでこのシーンは終わり??」と思ったほどでした。

総じて歌も踊りも中途半端というのが第一印象です。

それでも、ストーリーにもう一ひねりあるのかと最後まで頑張って見続けました。

しかし、ラストシーンの主演の男優さんの表情以外は特筆すべきことがないような内容でした。夢見る若者、夢を応援してくれる人との愛、生活の糧を得るための仕事、葛藤、すれ違い、成功など、どれも今までにどこかでたくさん見たストーリーの寄せ集めな感じの印象です。宣伝が成功しただけのいかにもハリウッドな映画でした。

もう少し歌のうまいヒロインを使うことはできなかったのか、理解できないことだらけです。

それでも、あえて頑張ってほめるとすれば、ただのハッピーエンドで幕引きではなかった点です。歌やダンスを堪能したいのであれば、私なら他の映画をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください